おすすめカードローン会社を利用するときには、まず初めに申し込みを行います。申し込みには自分の個人情報や借り入れ状況を記入して提出します。カードローン会社は、申込者が提出したその情報が正しいかどうかを確認したうえで審査を行い、審査に通過すれば融資を受けることができます。この確認は、複数の方法を組み合わせて行われます。勤務先は、勤務先に在籍確認をして、実際にそこで働いているのかを確認します。確認の際には個人名を名乗りカードローン会社の名前は出しません。したがって、カードローンの申し込みをしたことがここからばれてしまう恐れは小さいです。

自宅の住所は、身分証明書の記載を見て確認します。記載内容が正しいことが前提となりますので、身分証は公的機関が発行するものに限られます。代表的なのが運転免許証です。また、健康保険証なども利用できます。申し込みをする人はコピーや写真を提出して、業者はそれを見て確認を行います。

他社の利用状況は、信用情報機関に紹介して調べます。貸金業者や銀行は、申込者の同意を得てそれを閲覧することができます。複数の機関がありますが、複数のところに加盟している会社が多いので、それぞれを見て、申告が誤りではないかを確認します。

以上のように、カードローン会社は申込者のデータについていろいろな方法で確認を行っています。そのため、嘘を書いてもばれてしまいますし、かえって心証を悪くしてしまうため、そのような行為は避けるべきです。